pdp2022講演会
『食』を変えれば
『からだ』は変わる!

受講料/無料
日時 /2022年11月6日(日)13:00~15:00
会場 /Zoom配信およびサテライト会場
Zoom発信:あやか内科クリニック(茨城県笠間市)
サテライト会場:塙歯科医院(茨城県笠間市)
定員 /100名 申込締切:11/1
▶▶▶【無料】受講申込はこちらから◀◀◀

第一部:「 ケトジェニック ダイエット・その後」

講師:塙 由紀子 先生
茨城県笠間市開業 pdp 理事

第二部:「どう始める?ケトジェニックダイエット」

講師:白土 綾佳 先生
プロフィール
2003年3月 自治医科大学卒
2003年5月 茨城県立中央病院 研修
2005年5月 北茨城市立総合病院勤務
2007年4月 城里町七会診療所勤務
2009年4月 笠間市立病院勤務
2017年1月 あやか内科クリニック開院(茨城県笠間市)

pdp講演会実行委員会から

今一度「健康を再考する」という思いがあり、昨年末の講演会で「あなたは何を食べていますか?」というとテーマのもと、講演会を開催致しました。

2021講演会はこちら

第一部は会員である越智先生の「MCとMPSのための食事指導」という演目で「“0”コンセセプト・HO Index」について、第二部は内科医の白土綾佳先生の「食の常識を疑え!」という演目でお話をして頂きました。
講演後の反響は期待以上でした。

健康を考えるきっかけともなったようで、「その続きを!」というアンケートの要望も多く、今年も又講演を企画しました。あれからもう直ぐ1年です。時の変化は予想できないもので、世界情勢も一変してしまいました。医療の現場でも急激な変化が生じていると感じています。今年の2月世界の大手製薬会社が共同で「認知症の薬の開発を止める」という宣言をしたニュースがありました。それは、認知症の始まりである生活習慣病は薬では無く生活習慣を見直す事で予防改善できる事が分かってきたからです。ところが現実は、何故か多くの人々が生活習慣病の治療の為に病院に通院しています。

なるべく最後の時まで自分らしい暮らしを続けたくはありませんか?
最後まで人間らしく生きるとは、どういうことなのでしょうか?

前回は、自分の健康は自分で整える事の大切さ、その概論を話して頂きました。今回はもう少し踏み込んで、考えてみたいと思います。

越智先生の言葉を借りれば
『僕は、紹介ビデオで、何とかわかりやすく説明しようと思い、pdを「体の領域」=ピュシス、0コンセプトを「頭の領域」=ロゴスと考えてきました。講演会を継続するにあたり、普遍的に会の趣旨との整合性を取るために次のように考えました。0コンセプトの左側ta1=にターゲットを絞る。コンテンツは「食べること」「衛生=害を与える要因の排除」「薬との付き合い」、この中で「衛生」はMPCでやりますので、その他「食と薬」にまとを絞ってやれば全てO Kだということがわかりました。』

このように、私たちの共通に持っている健康志向の考え方をベースに、今回の講演会では全体のテーマを「『食』を変えれば『からだ』が変わる」とし、白土綾佳先生に再度お願いして講演会を企画致しました。

皆さんの暮らしと健康に役立ちますように!

▶▶▶【無料】受講申込はこちらから◀◀◀