注意)pd診療基礎コースPart3(MC Prevention Course)を
受講済みの先生と協働する歯科衛生士を対象とするコースです。

歯科衛生士対象
MPS* ベーシックコース 1日間

*Mouth Prevention Specialist:口腔予防専門士

これまで基礎コースの参加者は
こんな悩みを持っていました。あなたは?

★ポジショニング、グリップ、レストがわからない。人によって違うし、今更人には突っ込んで聞けない。
★歯石の探知も難しく、取れたかも不安。
★最後臼歯遠心や隅角部の縁上、縁下の歯石がどうもうまく取れない。
★正しい姿勢を保たないといけないと思っていてもなかなかできず、終いには腱鞘炎、肩こり、腰痛に悩まされ、職業病とあきらめる。
★縁下歯石がわかったが、うまく除去できず、ドロドロの血液しか出てこない。
★直視または覗き込みがつらい。もっと上手にミラーを使いたいが使い方が分からない。
★分岐部のスケーリングが上手くできない。
★一所懸命SRPすると、Hysを起こしてしまう
★他の受講者の悩みと解決法も参考に聞いてみたい。

前半の講義内容

1)SRPが上手にできない従来のキュレットの問題点
2)理にかなったスケーラーデザインの要素
3)職業病にならないための身体の使い方
4)気付かれていないペングリップの弊害
5)ポジショニング、グリップ、レストは覚えなくてもいい理由
6)Angulationと側方圧の効果的なかけ方
7)ミラーの上手な使い方
8)最も簡単なsharpening(Reshaping)の方法
9)歯科医療の4目的から見たSRPとDebridement

後半の実習内容

pdスケーラーとpdミラーで模型実習をマンツーマンで行います。
SRPがきちんとでき、しかも術者の身体にはムリ、ムラ、ムダ、ムジュンの無い方法を体感していただきます。

受講者の感想アンケートから

・自分に合ったスケーラーが見つかりました。ポジショニングやミラーの使い方は練習すれば技術も向上するし、体への負担も減ると思いました。

・なぜいつもやりづらさを感じていたのか? 難しく考えすぎず、身体の位置や感じ方を考えることも大切だなと分かりました。

・9時の位置に行かなくても最後臼歯のスケーリングができること。少ないスケーラーですべてをまかなえること。ポジショニングと動きで全ての歯のSRPができること。

・不良肉芽の問題はSRPの範囲ではない!理解出来ました。先生方がわかりやすく、丁寧に教えてくださりとても分かりやすかったです。

対象

pd診療基礎コースPart3(MC Prevention Course)を
受講済みの先生と協働する歯科衛生士

開催日程/会場(計画準備中)

2023年
7月30日(
10:00-17:00
大阪近郊 未定
(決まり次第Websiteにて)
2023年
11月26日(
10:00-17:00
東京近郊 未定
(決まり次第Websiteにて)

●日程・会場は変更される場合があります
●コースの洗練、学術研究のため、受講中の動画撮影、写真撮影を行う場合があります。予めご了承ください。
●実習に動きやすい服装、履物でお越しください。筆記用具は各自でご持参ください。
★新型コロナウイルス感染症拡大の状況により中止になる場合があります。
★応募が最低催行人員に達しない場合、開催を中止とする場合があります。

受講料

pd普及の会会員 44,000
モリタ友の会会員 44,000
一般 49,500

※表示価格は全て10%消費税込みです。
※ご入金をもって正式申し込みとなります。
※コース開催1か月前以後のキャンセルには規定のキャンセル料が発生します。

歯科衛生士MPSベーシックコース1日間
受講のお申し込み 準備中

次のページで受講の仮申し込みができます。

準備中 仮申し込みページへ(←クリック、Googleフォームに移動します)

(フォーム入力して頂き、事務局から確認連絡いたします。)
お問い合わせは
NPO法人ジーピープログラムジャパン pd普及の会
・電話:06-6100-3810
(月火水金10:00~16:00祝日を除く)
・FAX:06-6100-3801
・E-mail:pdp@gppj.net  まで