監事 黒岩 保文(くろいわ やすふみ)
福岡県出身 血液型B型 うお座 新横浜駅前で開業

この度、二期目の監事を拝命いたしました。広島大学在学中に、講師大野昌蔵先生、篠原正氣先生に師事したのがきっかけで卒後Beach先生のおひざ元熱海のHPI(Human Performance and Informatics Institute)の付属歯科医院で勤務の傍ら、一時研究員をしたり、教育にも携わったりしました。はじめから普通のチェアの経験ゼロでpd診療に携わった「純粋培養」の第一世代になるでしょう。
元々理学部出身だったこともあり、人間のXYZ軸の決定に深くかかわったり、0システムやHealth09の構築の際に直接にBeach先生と差しで議論を闘わせることができたのですが、そのことが、事象の捉え方、問題解決への思索の過程などさまざまな場面で知らず知らずのうちに自己の人生に大きな影響を及ぼしていることに気が付きハッとすることがあります。Beach先生との出会いは、まさにこの上なく幸運なことだったと今更ながら感謝しています。
今、激しく変貌していく歯科医療の世界で、変わるべきもの、変わるべきでないものの明確な判断が求められています。歯科においてはまだ当分、人間が直接患者の口の中に手を入れて行う手技が基本となりますので、自ずと変わるべきでないことがあるはずです。人と人という関係も変わりません。モノが変わるだけなのです。従ってその間のInterfaceを人間主体に構築することが基盤とならなければなりません。ビーチ先生が生涯にわたって追及してきたことは実はこのことだと思います。同じ考えを持った人たちを育て、協力し合って、最も人間にふさわしい歯科医療の在り方を追求していければと考えています。 また、監事としては、組織の中での様々な意見を拝聴することを忘れず、できるだけ多くの方々の協力を得ながらこの組織が少しでも輝いていけるようサポートするのが責務と考えています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。