神戸大学文学部卒業
㈲LANセンター社長
GEPEC事務局
フリーランス同時通訳者
Drビーチの通訳は、長い間通訳業界においてLegend的存在だった故佐藤敬子さんが務めておられましたが、ある時彼女のピンチヒッターとしてHPI研究所に派遣されたのがDrビーチとの初めての出会いでした。その後、フリーランスの通訳として仕事をする傍ら、HPI研究所のテクニカル・スタッフとして毎週大阪から熱海に通勤する時代が続きました。1994年Drビーチが活動の拠点を大阪に移した際に結婚し、LANセンター/GEPEC事務局の仕事と通訳という二足のわらじを履きつつ、長い道のりを歩いてきました。
歯科医師ではない私が理事の末席に加えて頂いた唯一の理由は、私がDrビーチの半生を公私ともにパートナーとして共に過ごしてきた事にあると思います。Drビーチは、過去の習慣や先入観にとらわれず、文字通りゼロから様々なシステムを創りあげましたが、その開発のプロセスをつぶさに目撃してきた、いわば生き証人として、Drビーチが目指していた事を後世に正しく伝え残すために、pd普及の会の皆様のお手伝いをさせて頂きたいと思います。